HOME  企業情報  コンプライアンス

企業理念・経営指針

コンプライアンス(企業倫理規範)行動指針
【基本理念】

昭和食品の役員・従業員は業務遂行に当たり、人権や社会的共生といった基本とともに社訓を念頭に、諸法令(食品衛生
法等関係法令を含む)、社内規定を遵守し、報・連・相を意識しつつ、社会規範に沿った責任ある行動をとり、食の創造
に「挑戦」しつづけます。

【遵守基準】
  1. 法令遵守
    業務遂行に当たっては、法令(食品衛生法等関係法令を含む)および社内規定を遵守し、公正を旨とする。
  2. 人権尊重・ハラスメントの禁止
    人権を尊重し、差別・ハラスメントを行わない。
  3. 情報の保護
    会社の情報を適切に管理することは、もちろん、社外から得た情報についても適切に扱う。合わせて、役員、従業員の
    プライバシーを尊重し、個人情報を扱うに当たっては、慎重かつ細心の注意を払い、退職後も同様とする。
  4. 反社会的勢力との絶縁
    反社会的勢力には、毅然とした適切な対応をし、利益供与は一切行わない。
  5. 遵守基準に反する行為への対応
    遵守基準に反する行為については、これを発見した場合又は、不注意により自ら行った場合を問わず、速やかに、上長、
    社内関連部署長に報告する。また、違反行為に対して厳正に対処するとともに再発の防止に努めます。